調理専門学校に通う【キラキラLIFE調理師への道】

揚げ物

色々選べるコース

調理専門学校は、カリキュラムに合わせて調理法の勉強をする事ができます。学科コースでは、前期と後期で違った料理法を学ぶ事ができる学校もあります。前期では、日本料理、西洋料理などの料理の基礎を実践して習得できます。さらに、後期では和食、洋食などに分かれてさらなる専攻科を選んで身に付ける事ができるのです。このようなカリキュラムで行っている調理専門学校は多いでしょう。しかし、新しいカリキュラムを取り入れている調理専門学校では、基礎知識以外にもカフェ、スイーツ、軽食屋などの運営方法を学ぶ事ができる場所もあります。この新しいカリキュラムは、前期で専門科目を学びます。後期で運営方法の知識を学ぶ全く新しい事を取り入れたのです。調理師の道へ学びたいと考えている人でも、和洋のどちらを学ぶかで道がわかれます。そのわかれた後に自分が経営をしたいのか料理長として働きたいかで道がさらに別れるのです。自分の調理師になった後の道を決めておく事で学びたい項目選ぶ事ができるでしょう。

調理専門学校は、県の認可を受けている場所が多いのです。しかし、中には無認可の学校もあります。このような無認可の学校だと、奨学金の制度が県から適用されません。さらに、調理学校を卒業しても正式な学歴とならない場合があります。専門学校に通う時には、認可の受けた学校であるのかをチェックしておきましょう。また、同じ調理専門学校だとしても学ぶ内容が一緒だと限りません。講師が違えば内容も異なるからです。このように疑問を思う事が多い学校がある場合は電話やサイトで確認しておくと良いでしょう。